ばばさまラム肉ごはん

 ラムすね肉 160g
 全卵 55g(1個分)
 あずき(乾) 20g
 胚芽ごはん 250g
 オートミール 100g
 西洋かぼちゃ 50g
 じゃが芋 50g
 ごぼう 70g
 人参 100g
 グリンピース 50g

 きゅうり 100g

 パセリ 10g
 だいこん葉 100g
 フラックスシードオイル 8g
              (朝のみ小さじ1)×2回
 オリーブ油 16g (朝のみ 小さじ2)×2回
 ごま油 16g (夜のみ 小さじ2)×2回
 クエン酸カルシウム 1500mg相当分
 その他 サプリメント



 加齢により、心臓が弱ってきた「ばば様」のごはんです。 
  体重25キロ、2日分です。

 成分値の値はすべて、乾燥重量につきの値です

 カッコ内は、AAFCO等の許容レベル、
 わかる限りの心臓血管系疾患に推奨される数値
 および、数種類の療法食(心臓血管系疾患用)の
 数値です。

 AAFCO等(老齢用)=
この色
 疾患用=
この色
 療法食=
この色

 総重量(サプリメント含) 1172.4g
 乾燥重量 401.2g

 エネルギー 1907kcal (
2296kcal
 たんぱく質 18.57%(
16.9〜26.3%
 脂質 19.0% (
10.0〜38%
 炭水化物 56.7% 
 ナトリウム 0.105%(
0.07〜0.25%
 カリウム 0.76%(
0.61〜0.88%
 マグネシウム 0.091%(
0.05〜0.13%
 カルシウム 0.52%(
0.5〜1.0%
 リン 0.31%(
0.2〜0.3%
          (
0.29〜0.67%
 カルシウム:リン 比  1.7:1 (
1:1〜2:1





上記のレセピは、

加熱する材料→この色(赤系) 

加熱後に加える材料→この色(青系)
 
食事毎に加える材料→この色(緑系)
と色分けしてます。


1.あずき、オートミール、はあらかじめ、軟らかく下茹でしておく。

2.肉に火を通し、別容器に保存しておく。(生で与える場合は、そのまま容器に保存)

3.オートミールと、御飯以外の 
この色の材料(赤)をすべて鍋に入れ、火にかける。

4.3の材料と、オートミール、御飯、
この色の材料(青)をまぜ、フードプロセッサー(バーミックス)
  にかける。(うちのわんこは、お腹があまり丈夫ではありませので、消化を助ける目的です)

5.食事毎に、1回分の肉と
この色の材料(緑)を加える。




ラムすね肉: ビタミンB群、ナイアシン、鉄を豊富に含みます。
         我が家では経済的な都合上、すね肉で我慢していただいております。
         もちろん、すね肉よりもも肉の方がやわらか〜で口当たりも良いと思います。
         
         東洋医学では、羊肉は「気力を増し、弱った体を丈夫にし、体・胃腸を温め、腹痛や
         下痢に有効」ただし「老化、虚弱で腎臓機能が弱っている場合には、避けた方が
         よい。」と言われているそうです。
       
         ちなみに、生後1歳未満の子羊肉をラム、1歳以上の羊肉をマトンと言うそうです。


: 蛋白の語源になった食材だけあって、必須アミノ酸の組成はすばらしく、消化も良い食材
    です。(人間の場合だと、半熟→生→固ゆでの順で消化がよいそうす)
    ビタミン類もC以外のものはほとんど含まれます。

    ただし、卵白に含まれるアビシンという成分は、胃や腸でビオチン(ビタミンH)と結合して
    吸収を妨げ、その結果ビオチン欠乏症(食欲不振、脂漏性皮膚炎、抜け毛など)を招く
    おそれがあります。
    これは(卵白を)加熱することで防ぐことができます。卵黄は生のままでもOKだそうです。
   


あずき: 良質の(植物性)たんぱく質源、ビタミンB1、カリウム、繊維も多く含みます。
      ただし、マグネシウム量も高いです。
      外皮に含まれるサポニンには、むくみの改善、高血圧予防、コレステロール低下、強い
      解毒作用があります。(サポニンの効果を期待する場合はゆでこぼさないのがポイント)
      
      東洋医学では、「赤小豆(しゃくしょうず)」と呼ばれ、むくみ、腫れに効き、利尿作用が
      あるので、心臓病、腎臓病、脚気などの症状の軽減に利用されています。
      (むくみ対策には、人間の場合、小豆30gを540CCの水で半量になるまで煎じ、
      1日3回にわけて飲む。)
      

オートミール:    燕麦(オーツ麦、カラス麦)を精白して砕いたものがオートミールです。 
(ロールドオート)  オートミールが精白米だとすると、ロールドオートは胚芽米にあたります。
             (ヘンな例えで( ̄∇ ̄)ゞゴメリンコ〜♪)  
             たんぱく質、鉄分、カルシウム、ビタミンB1、B12、E、食物繊維などを多く
             含みますが、マグネシウムも多いんです。
             また、摂りすぎると、ガス、鼓腸、腹痛の原因になることがあります。

             東洋医学では、体を温め、甘く、脾臓、胃、心臓、「気」一般に良いと
             いわれています。


胚芽ごはん: たんぱく質を下げる、カロリー供給源 として使っています。穀類の中でいうと、
         ごはんは、一番消化吸収率が良く、猫でもほぼ100%利用できるそうです。
         ただし、多ければ、脂肪として蓄積されるので、肥満の原因となります。
         穀類の中でも、マグネシウム量が少ないので、使いやすい食材です。
         
         東洋医学的には米は「体を温め、脾臓、胃、大腸、心臓に良い食べ物」
         と言われているそうです。


かぼちゃ: アルファカロチン、ベータカロチン、食物繊維、ビタミンC、E、が多く、またビタミンB12
        (神経障害に効くビタミン、悪性貧血を予防し、貧血による胃腸障害やイライラを
        改善)が、野菜には珍しく含まれています。ただし糖分が多いです。
       
        またビタミンC(アスコルビン酸=還元型ビタミンC)を酸化させて酸化型ビタミンC
        (デヒドロアスコルビン酸)にしてしまう酵素「アスコルビナーゼ」の活性が強いので、
        加熱して使います。

        東洋医学では「消化管にうるおいを与え、コロコロ乾燥したうんち(便秘)によい」と
        言われています。
       
        民間療法では、種子だけでなく、実を生のままスライスしたものを少し食べて、
        軽い下痢をおこさせ、回虫を追い出す。という駆虫方法もあるそうです。



 「還元型」ビタミンC: 体内に溜まって酸化-還元というサイクルを繰り返す。

 「酸化型」ビタミンC: 不安定で、外へ排出される。部分的には可逆的に変換し
              (酸化型ビタミンCから通常のビタミンCへ再還元するということ)
               ビタミンCとして作用をもつ。と言われるが、多細胞の個体レベル
               で言えば、常に成り立つという保証はない。

 アスコルビナーゼは、熱(50度以上)と酸に弱い。




じゃがいも: カリウム摂取量をあげるために、使用しています。加熱による損失の少ないビタミン
         Cも豊富です。
         プロテアーゼ阻害物質(抗癌に働く)も含みます。ただし、芋類ですから炭水化物
         (糖質)量は高いです。
         男爵のでんぷん質は16%以上、メークィンで16%以下なので、我が家では
         メークィンを使用しています。
        
         東洋医学では体を温める。また、生のジャガイモのしぼり汁は胃・十二指腸潰瘍、
         慢性便秘に良いといわれています。(人間量: 空腹時に小さじ1〜2/回 2回/日)
        
         じゃがいもの芽や皮の緑色の部分にはソラニンという毒素が含まれており多食
         すると腹痛、めまい、眠気などの中毒症状を起こし、小児死亡例もあります。
         芽は完全に取り除く、皮は厚くむく、未成熟なジャガイモは選ばないなどの、注意を
         怠らないようにしましょう。


ごぼう: 銅などのミネラル、食物繊維の供給源です。

      ごぼうに含まれる食物繊維(セルロース、リグニンなど)のリグニンは、解毒作用が強く、
      胆汁酸を吸着し、発ガン物質を無毒化して排泄するので、大腸がんなどのガン細胞の
      発生を予防するといわれています。
      リグニンは切り口の数が多いほど増えるので、すりおろす、ささがきなどの調理法がよく
      その働きをさらに高めるにはメチオニンとともに摂るのがコツなのだそうです。

      ごぼうの炭水化物はでんぷんではなく主としてイヌリンで、ブドウ糖にかわりにくいため、
      血糖値の高い子でもOKだそうです。
      
      体を温め、解毒、解熱、利尿に良いといわれます。肝臓に良いハーブとして有名ですね。
      ただし、マグネシウム含有量が高いため、多くは使えません。


人参: ベータカロチンの宝庫です。人参には組織の粘膜(上皮細胞)を丈夫にし、目、口、気管、
     肺を守る。腎機能を高める。生殖機能の向上。腸の運動を促進する。
     などの薬効があります。

     食物繊維、カリウムが多くマグネシウムが少ないので、使いやすい食材です。
     ただし、かぼちゃ同様、アスコルビナーゼを含んでいます。
     
     東洋医学では「やわらかく煮た人参は、胃腸を温めるのに最適」と言われるそうです。


グリンピース: 亜鉛、食物繊維の数値をあげるために使っています。
          良質のたんぱく質の他、ビタミンB群、C(加熱によって損なわれにくいCですが、
          缶詰のビタミンC量は0)、カリウム、オレイン酸やリノレン酸も多く含みます。

          すい臓の働きをよくすることから、糖尿病による口の渇きや、胃腸や吐き気にも
          効くといわれています。
    

きゅうり: カリウム補給に使用しています。
       カリウム、イソクエルシトリンを含み、利尿作用、むくみ、のぼせ症を解消する
       働きがあり、喉の腫れや痛み、目が充血して熱っぽいときにも有効です。
       「水気をおろす野菜」と言われています。
      
       東洋医学では、「生のきゅうりは、体の熱をとる。」ので、熱、口が渇いている、
       胸のあたりがもやもやする、暑気あたりに効果があり、
       また、「煮て食べると、利尿作用が盛んになり、解毒作用もある。」といわれています。
       胃腸が冷えて弱い人には、多食はオススメできません。

       きゅうりにもかぼちゃ、人参同様、アスコルビナーゼが含まれます。


大根の葉: ベータカロチンを豊富に、その他、カルシウム、鉄、ビタミンCも含みます。
        ただし、アブラナ科の野菜ですので、シュウ酸も多く含んでます。

      
パセリ: モノテルペン、フタライド、ポリアセチレンなどの抗酸化物質を高率に含んでいます。
      発癌物質の解毒を助け、また利尿活性効果もあります。
      葉緑素=クロロフィル(血中コレステロールを下げる、貧血の予防・改善、解毒作用、
      整腸作用、炎症沈静作用、抗酸化作用がある)がたっぷりはいっています。
      腎臓にはパセリって、もう定番でしょうか(^^)
      ただ、V・Kが多いんです。V・Kの最大許容量ご存知の方教えてくださいm(_ _)m
     

ごま油: カロリー補給に使用しています。脂肪酸組成は、リノール酸45%、オレイン酸39%など
      不飽和脂肪酸(LDLコレステロールを減少させ、高血圧や心臓病を防ぐ)が中心となり
      ます。
      セサミノールという、ごま独特の抗酸化物質が豊富です。
      油ですから、当然摂り過ぎると、肥満につながります。


純正と太白のちがいは?

 純正 → 色の濃いごま油で、ゴマを香ばしく炒ってから圧搾したもの。
       搾った後には加熱されていない。

 太白 → 透明なごま油で、ゴマを生のまま搾ってから精製したもの。
       ごま油特有の香りがあまりしない。


   が、しかし、我が家のごま油には、純正太白ごま書いてあります。
     ど〜いうことだろ(_ _;))))))))


オリーブ油: オメガ9系の脂肪酸であるオレイン酸を豊富に含んでいます(含有量70%以上)。
         オレイン酸は、血中コレステロールを減らし、胃酸過多や胃潰瘍を予防・改善する。
         腸の働きをよくして、便秘を予防改善する。と言われます。
         オメガ9はLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減らすが、HDL(善玉コレ
         ステロール)は減らさず、また、LDLコレステロールが酸化しにくくさせるので、
         「心臓を守る脂肪」と呼ばれています。
      
         サリチル酸塩が含まれていることがわかったので、にゃんへの使用は控えてます。
         (気にするほどの量ではないのかもしれませんが、他の油で代用できますので)
        

フラックスシードオイル: =亜麻仁油です。オメガ3系のα-リノレン酸を豊富に含みます。
                (α-リノレン酸が不足すると、脳神経系の異常、アレルギー性症状の
                発症、ガン発生に対する抑制作用の低下、などが起こりやすくなる
                そうです。)

                不飽和性が強いため、酸化しやすいので、開封したら冷蔵庫で保存し、
                4〜6週間以内に使い切る。75度以上に加熱しない。
                などの注意が必要です。

クエン酸カルシウム: カルシウム供給源です。カルシウムサプリメントは種類が豊富ですが、
              このレセピではクエン酸カルシウムを使っております。



  With gratitude
  for all food,
  and the sacrifices incurred
  so that others are succored.


他のページに移動する際は、メニューリモコンをお使いください。(ページ一番上左ハジのボタンをクリック)