ノミ用ホメオパシー
それぞれのリメディに適合する症状・特徴
 







以下のホメオパシーには、単なる対処療法と思われるものもあります。 
根本治療はプロのホメオパスさんに相談するほうが良いと思います。
また、(緊急時を除き)次から次へと別種のリメディを与えるのは避けたほうがいいと思います。

調子(擬似悪化など)の見分けがつかない場合は、直ちに専門家に相談しましょう。


 ・耳ダニについては、耳のトラブルをご覧ください。


 Apis mellifica アピス・メリフィカ
 (アピス、エイピス、ミツバチ)

 ・ノミの噛み跡が、赤く「おでき」や「瘤」のように腫れているとき。
 ・6C 1日5回まで(→Veterinarians' guide to Natural Remedies)


 Arsenicum アルセニカム (砒素)
  ・(時として炎症もある)カサカサの乾燥肌の慢性的なかゆみに
  ・炎症のため、落ち着きがなくなっている。


 Caladium カラディウム
 ・虫刺されの傷が、焼けつくような痛みを伴う時
 ・ノミに噛まれることに、ことのほか敏感な動物に。

 Cantharis カンザリス
 ・怒ったように、半狂乱になってノミに噛まれた痕(あと)、生殖器の周りをかいている。

 Ledum palustre リーダム・パルストレ
 ・虫刺され、刺し傷用のリメディ
 
 Merc Sol メルク・ソル (水銀)>
 ・毛がなくなるまで掻き続け、皮膚が濡れてべとついた状態になっている。

 Mezereum メゼレウム
 ・かゆみを伴う湿疹が体の骨のまわりにある。頭皮にかさぶたが見られる場合がある。

 Pulex irritans
 ・人間につくノミから作られたホメオパシー
 ・抵抗力が増す。

 Rhus tox ルス・トクス    
 (→Veterinarians' guide to Natural Remedies)
 ・若干の炎症が見られるとき。
 ・6C 1日5回まで

 Sulphur サルファー (硫黄)
 ・ノミがはびこっている時。
 ・ノミアレルギーの肌、(ノミに噛まれ)かいた肌が乾燥してパサパサしている。
 ・30Cのサルファーを水にいれ、スプレーするとノミよけになる。


 Urtica ウルティカ (イラクサ)
 ・かゆみのある湿疹に、ノミ用首輪からくるアレルギーに
 ・激しい痒みを軽減 6Cを使用 (→ナチュラルドッグケア)




わんにゃんごはん表紙へ

うさぎうまの部屋表紙へ

ホリスティックメニューへ