レッドクローバー Red Clover 
(ムラサキツメクサ/アカツメクサ)


成分
 フェノール配糖体、フラボノイド、サリチル酸、クマリン、シアノゲン配糖体、無機酸、精油成分

 優れたビタミンA摂取源、ビタミンEも豊富、また、B群、C、F、P も含有
 マグネシウム、カルシウム、銅が豊富で、セレニウム、コバルト、ニッケル、マンガン、
 ナトリウム、スズも含有。

使用目的・作用
 体質改善、抗けいれん、利尿、抗炎症、筋肉弛緩剤、去痰薬、 湿疹、皮膚炎
 (おそらく)エストロゲン作用、咳止め(とくにぜいぜいという咳、発作的な咳)、胸部の虚弱、
 気管支炎、解毒
 花部は、乳がん、卵巣がん、リンパ系の癌に
 花部と葉に含まれるフラボノイドには発情促進作用がある。

 
うさぎうまのムダ話
 レッドクローバは、昔から「癌に効く、癌の予防に」と言われています。腫瘍が発育するため
 には、栄養が必要です。腫瘍は血管に栄養を運ばせるべく、自分に都合の良い新しい血管を
 体に作らせるように信号を送ります(この過程を「脈管形成」と言います)。
 レッドクローバーには、新しい血管形成を阻止する化合物のひとつである ゲニスティン
 (genistein:植物エストロゲン)が含まれており、この成分が、新しい血管形成を阻止して、
 腫瘍を兵糧攻めにするっちうワケです。
ガ・ン・バ・レ!! レッドクローバー!!


用法

外用

 濃縮させた煎じ液を塗布して、体外にむけて腫瘍の部位を成長させ、腫瘍を体から取り除く。


内服
  
用量(人間用)
ハーブのタイプ 用量
ドライフラワー
(ハーブティーとして)
1カップ(≒250cc)のお湯に小さじ2〜3杯(10〜15g)を
入れ10〜15分置く。
3カップ(≒750cc)/日
カプセル または 錠剤 2〜4gのドライフラワー相当量
(ドライフラワーは 10g≒小さじ2)
ティンクチャー 小さじ 1/2〜3/4(2〜4ml)/回 3回/日
エキストラクトタイプ イソフラボン40mg相当分/日


ドライ・レッドクローバー用量(動物用):予防用
ひとつまみ/日
軽くひとつまみ/日
うさぎ 1〜2花/日


 ・はちみつ、水とまぜて咳止めに

 キッド先生曰く・・・
 Herbal Dog/Cat Care の著者であるキッド先生は、相乗作用があるバドック(ごぼう)を
 レッドクローバーと共にお使いになるそうです。



注意
 ・クマリン含有量が高いので、出血性疾患(内出血、外出血含む)がある場合は避ける。
 (クマリンが、血液凝固を妨げるから)。抗凝血剤服用時、ホルモン療法中も禁忌。
 例:エストロゲン、ヘパリン系(各種血栓・塞栓症の治療及び予防薬)、チクロピジン系(血栓
    防止薬)、ワルファリン系(抗血栓剤)との併用は禁忌。

  また、コルチコステロイド(副腎皮質ホルモン)を使用している場合には、要注意。

 ・成分として含まれるエストロゲン・イソフラボンの多量摂取は、家畜・他の動物に有害で
  あることが証明されている。(急性の皮膚疾患、消化系障害などが、生のレッドクローバーを
  多量摂取した動物で報告されている)

 ・妊娠・授乳中は禁忌

 ・レッドクローバーには、猫にとっては潜在的に毒性のあるアスピリンの前躯体、サリチル酸
  が少量含まれる。
  適切な服用量に含まれるサリチル酸は微量だが、癌治療として高濃度のレッドクローバー・
  エキストラクトを、比較的多量に服用する場合には特別な注意が必要となる。
  
 ・上記の場合を除き、適量であれば、深刻な副作用はない。ただし、腎臓・肝臓病羅患時の
  安全性は確立されていない。




わんにゃんごはん表紙へ

うさぎうまの部屋表紙へ

ホリスティックメニューへ