ロバ物語




ロバ物語
    ___ ほんとは、誰にも教えたくなかった うさぎうまの過去 ___


1)新たな旅たち

昔々、あるところに、とぉっても単純なロバがおりました。
ロバのお仕事は、わんにゃんのごはんを作ることでした。

ある日のことです。もうそろそろ10歳になろうという猫を見ながら
ロバは、「このおじじも、そろそろ、腎臓とか悪くなってくるんだろうなぁ。
腎臓が悪くなったら、タンパク質を減らせ。って聞くし。。。
よぉ〜し、これからは、栄養計算したグレイトなごはんを作ろう!」
と思い立ちました。

成せばなる 成さねばならぬ何事も 成さぬはロバの成さぬなりけり

栄養計算へと旅だった日からロバはせっせと、計算に励みました。
初期アイテムは、電卓、ボールペン、食品成分表、
おっとぉ、忘れちゃいけない広告のウラ。
ロバ的には、表面がツルツルしたものが好きよん。

ちまちまと、ただひたすら ちまちまと 計算を続けるロバでした。


2)ベクター村

栄養計算を始めて間もなく、たまたま、
「世の中には、栄養計算ソフトという、優れたアイテムがある」
という情報を大耳にはさんだ新しモノ好きのロバは、早速、アイテムを入手
できるいうベクター村へと向かいました。

ベクター村は思ったよりも広く、方向音痴のロバは、何度も迷子になりそうに
なりました。

また、どのアイテムがどのように優れているのか、ロバにはさっぱりわかりま
せんでしたので、とりあえず、値段がお安いという理由で、某計算ソフト
『T・C』をゲットし、ソフト+手計算で作業を進めていきました。

確かに、食材の量を入れれば、その量に対しての栄養値がでてくるので、
時間は大幅にカットされました。
今までは、「○○ちぅ栄養素わぁ、可食部100gにつきぃ10gだからぁ、40g
使うんだったらぁ〜・・・」と電卓たたいてたんですから。

(以下の数字はフィクションです)

えっとぉ・・・
全重量がで100g、総タンパク質量が20gだから、
20÷100=0.2
タンパク質0.2ってことは、20%かぁ・・・
あれ?待てよ・・・
料理する時に加える水を入れてなかった!!
えっと、水50gを加えると、
100g(全重量)+50g(水)=150g
20g(タンパク質)÷150g≒0.13
ってことは、タンパク質は、13%かぁ!!

なぁんだ!!タンパク質を下げるには、水をたくさん入れてごはん作れば
いいんだぁ!!\(^o^)/

普通の方なら、ここで???となるでしょうが、ろばは???になるまで、結構
かかりました。
その時のロバは、「水よ!!水!! 水を入れれば、タンパク質だって
炭水化物の数値だってさがるのよ〜〜!!うぉ・うおぉーら〜!!」

××× ヘレンケラーと同じ感動に酔いしれていたのでした ×××
そう、ロバは おばか だったのです(_ _;))))))))


3)全重量 − 水分量=乾燥重量

さて、「あぁ、水ってブラボー・ワンダフル\(^o^)/」と言う感動も薄れてきた
ある日のこと、
ようやくロバは、「その日に加える水の量で、タンパク質、そのほかの栄養価が
違うって、おかしくない?!
だって、使ってる食材も、量も同じなんだよ?!」
と言うことに気がつきました。

じゃあどうすればいいの・・・?

「水の量で栄養価が違ってくるなら、水を引けばいいんじゃん!!」
ここで初めてロバ本来の単純さが役に立ちました。
いやぁ、よかったよかった(^^)

作ったレセピの全重量から、水分量をひいたもの・・・
これが乾燥重量と呼ばれるものです。
ちなみに、各食材にも、水分は含まれております故、この水分量も
引かなければなりません。

この乾燥重量を使って、タンパク質、炭水化物の濃度を計算すれば、水の量に
よって、栄養価が左右されることはありません。
鬼に金棒 虎に翼 弁慶にナギナタ 水を得た魚

わぉ〜 乾燥重量って、ブラボー・ワンダフル\(^o^)/


4)新アイテム入手

当時使用していた某栄養計算ソフトには、なぜか、水分の項目が抜けて
おりまして・・・
これはどういうことかと申しますと、水分量だけは、食品成分表から抜き出して、
手計算しなければいけない。ということなのです。

「楽して生きよう」を座右の銘にしているロバは、より楽ができる新アイテムを
入手すべく、再びベクター村へ向かいました。

そこで、新たに見つけたのが、某栄養計算ソフト『H・M』です。
早速ソフトをダウンロードして、またまた、ちまちまと計算を始めました。

ただし、ダウンロード後、わかったことですが、このソフトには
総重量の項目がなく、それは手計算で算出しなければなりませんでした。

その頃、別パーティーのメンバーである はなからちゃんが、エクセルを
使用した栄養計算表というオリジナルアイテムを完成させておりました。

故松下幸之助大先生はおっしゃいました。
「才能のない者は汗を流せ」と。。。
でも、才能も、汗を流す体力もないロバには、自分で計算表を作る。なんて、
夢にも思わないワザでした。

この はなからちゃんオリジナルアイテム は、猫用に開発されたものなので、
なかなかどうして!!の代物です。
通常の人間用栄養計算ソフトには入っていない、乾燥重量につきの%まで、
一発で出てくるらしい。
が、その頃、ロバが装備していたPCにはエクセルが入っておらず、当然、
「エクセル?それなに?」状態だったのです。

なんかとぉっても便利そうだけど。。。
はなからちゃんてすご〜いぃ!!と
せんぼうのまなざしで指をくわえて見ているしかないロバでした。
そう、ロバは、「せんぼう」を漢字で書けないほど、おバカだったのです。


5)ビブロ君

そんなこんなで、季節がめぐり、ある寒い冬の日でした。
ロバの住む町のダウンタウンに、大きな でんきやさん が出現しました。
新しいモノ好きのロバが探索に行かないハズがありません。、
そして、そこでビブロ君という新メンバーがパーティに加わることに
なったのです。
(文字通り、「金で買った」と言う言い方もある・・・)

ビブロ君は、初期装備でエクセルも装着している!!
これで、はなからちゃんの作ったエクセル表も使えるぞ!!

他人のふんどしで相撲をとる なんて ○とも思わないロバでした。
そのへん、今でも全然変わっておりません・・・(_ _;))))))))


6)はなからちゃんの作ったエクセル表

心優しいはなからちゃんは、すぐにエクセル表を送ってくれました。
しかし、前にも書いたとおり、エクセルのエの字も知らないロバです。
本当に、使えるこなせるものなのか、不安はぬぐえませんでした。

「やっぱ、えくせるのことを知っとかなくっちゃネェ」とエクセル本を買いに
買い込み、その数・金額たるや・・・
今でも、開かれないまま、ロバ家のどっかで眠っております。(合掌)

・・・なぜ、エクセル本を読む必要がなかったか・・・

理由は簡単、はなからちゃんの作ったエクセル表は、数字を入れるだけで、
すべての値が出てくるように、作られていたからです。
しかも、使っている計算式も、すぐに真似っこできるように、$マークなどを
使用しない極シンプルなモノにしてくれていたのです。
ですから、犬用の栄養計算表を作るのも、真似っこでスグにできました。

日本人はサル真似が上手いと、西洋の方はおっしゃいますが、
それがどうした!! ナゼ悪い?! 日本人 ばんざ〜い\(^o^)/!! 
  ニッポン チャチャチャ!! エクセル チャチャチャ!!


7)最終アイテム +++ エクセル栄養くん +++

こぉんなにも、便利な はなからちゃんのエクセル栄養計算表でしたが、
ひとつだけ、問題がありました。

新しい食材を使うたびに、その栄養成分値を手入力で入れていかなければ
なりません。
栄養成分表の数字って、ものすごくちっこいの。。。
ほんでもって、栄養の種類って、アミノ酸や脂肪酸を含めると涙が
出そうなくらいの数。。。
のワリには、使いたい食材のアミノ酸、脂肪酸の数値が抜けてたりしてサ。

「楽して生きよう」が座右の銘のロバには耐え難いものでありました。

そんな折、「栄養君」と言う新アイテムの話を聞きました。
が、お・お値段が・・・

清水の舞台から飛び降りる。という表現がありますが、
いやいや、ロバにとっては清水の舞台から飛び降りて、そのまま
泳いでドーバー海峡を渡っても買えるお値段ではありませんでした。

「おい、どうする?!」
「すごく便利そう。。。」
「あったらいいよなぁ・・・」
「でも、高いぞ!!」

もともと、新しモノ好きなロバですから、それに「便利」と言う言葉が加わった日
にゃあ、なんとしても、手に入れたい。
欲しいと思ったその瞬間、「これは最強アイテムなんだ!!これがなくっちゃ、
お先真っ暗、もう1歩も前に進めない。」そう思い込むのが、ロバの得意技
でした。

でも、ゲットするためには、それなりのもっともらしい理由がなければなりません。

考えに考え、ロバが行き着いた正当な理由がこうでした。

新しい食材のアミノ酸、脂肪酸、他の数値を食品成分表から拾い、
摂取量から栄養値を出すための所要時間→1時間/レセピ 
さらに、微調整に必要な時間→1時間/レセピ

つまり、1レセピ作るのに、要2時間


最賃法で定められたロバの住む地域の賃金最低額(当時)
703円/時 → 1406円/レセピ


ロバ家では、猫用、ばばさま犬用、でっかいわん用と、一度に3種類のレセピを
作らなければならない。
なおかつ、平均2ヶ月に一度レセピを考え直している。

つまり、 
1年12ヶ月÷2=6 →(1年にレセピを作る回数)
6回×3レセピ=18→(1年に作るレセピの数)
18レセピ×1406円=25308円
→(レセピ作成に費やす時間を賃金換算した年間額:かなり強引だが。。。)


つまり エクセル栄養君 (消費税込み25200円)をゲットする
ことによって、年間25308円を節約することができる。


25308円−25200円=108円の黒字

・・・時は金なり・・・

なぁんだぁ!!1年で、もと取れるじゃ〜ん。


ヘリクツと言われようと、わっけわかんないと言われようと、いいんです。
自分が納得できる理由でさえあれば・・・

エクセル栄養君は、上記のような正当な理由により必要性が認められ
我が家にやってきたのでありました。

その後のロバはご想像通り、計算の道をまっしぐら。。。
栄養君があれば、すべての栄養成分値が指一本でコピペできるので、
新しい食材も気軽に使うことができます。
なおかつ、食品成分表に掲載されていない、アミノ酸、脂肪酸の数値も、
賢い栄養君が、計算して出してくれてるしぃ。

新しいレセピを考えるのが、
楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。
没頭しすぎて、わんにゃんのごはんを、忘れる時もある程でした。
これを四文字熟語で、本末転倒と言います。たぶん・・・

そして気がつけば、ロバの旅は、ホームページという、新たな冒険にまで
発展しておりました。


旅の終わりに何が待っているのかはわかりません。
果たして旅の終わりがあるのかすらも・・・

ロバの旅はまだまだ、果てしなく続きます。
世の中に「楽(らく)」「便利」「新しいモノ」がある限り・・・


これで、お話は、とりあえずおしまいです。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

ことに、「どこかに役に立つ情報があるに違いない」とここまで読み進んで
いらっしゃった貴方様におかれましては、お詫びの仕様もございませんm(_ _)m

なんせ、ロバは自分をブリリアントなロバだと信じこんでおりますので、
「自分をブリリアントだと思うことこそ、おばかな証拠」だと
言うことに気が付くのは、まだまだ先の話です。

皆さん、どうぞ、見捨てないでやってくださいましね。
       



     

ほんと、なんのお役にも立てなくて申し訳ありませんでしたので、
せめて、ミニインベーダーででも遊んでってくださいましぃm(_ _)m


 
わんにゃんごはんQ&Rへ♪