腎臓のトラブル

 ・ホメオパシー、ティシューソルトは、ホメオパシーのリストをご覧ください。

マークが入っている箇所は わん がメインの内容
マークが入っている箇所は にゃん がメインの内容 です。
     


 食事・食材

 どんなトラブルででも言えることだが、まずは(保存料などが添加されていない)質のよい
 食事を与える。

 ・できれば手作り食を、それが無理な場合はドライではなく缶詰にする。



その1:東洋医学的な食材の選び方(Four Paws Five Directions、他より)

・腎臓に関係のある味は『塩味』。塩分の摂りすぎは、腎臓を弱らせるの注意。


腎陰が不足している場合

 体を冷やし、水分を補給(潤いを与える)するような食材を選ぶ。

 穀類: 全粒粉、キビ、アワ、ポレンタ(とうもろこし粉)、はと麦、玄米など
 豆類: エンドウ豆、レンズ豆、アズキ、インゲンマメ、枝豆、など
      (マメ類は腎臓と関わりが深いと言われている)
 野菜: サツマイモ、ほうれん草、アスパラガス、ビーツ、セロリなど
 動物性たんぱく質: 兎肉、豚肉、卵、低脂肪の乳製品、鯖(さば)、イワシ、アサリ、タラ
              牡蠣など 

              えび、鮭、鶏肉、ラムのような「熱」を増やすものは避ける
 
他: わかめ、昆布


腎陽が不足している場合

 脾臓・すい臓(腎臓を温めバランスを整えるのを助ける)に栄養を与えるような食材、
 中庸の食材を選ぶ。

 穀類: バスマティ米、玄米、オーツ(カラス麦)、大麦、とうもろこしなど
 野菜: にんじん、かぼちゃ、ケール、サヤエンドウ、サヤインゲン、にんにくなど
 動物性たんぱく質: 鶏肉、鮭、レバー、鹿肉、兎肉、あなご、いわし、など
 その他: 栗、くるみ、


腎陰・腎陽とは

 
東洋医学では、腎には「腎陰」と「腎陽」があると考えるそうです。
 腎陰の働きは、「精」を含む体内の水分調節
 腎陽の働きは、体を温めることです。

 この陰陽のバランスがとれているのが正常な状態といえます。

 腎陰が不足すると
 喉の渇き、口の渇き、便秘、嘔吐、空咳、肌の乾燥、体温のオーバーヒート

 腎陽が不足すると
 寒さに敏感になる、(特に夜の)頻尿、生殖機能の衰え、性欲の減退、関節炎
 ホルモンバランスの崩れ、関節のこわばり、椎間板のトラブル

 などの症状が表れるそうです。
 
 
その他、腎臓によいと言われている食材に
   キャベツ、黒ゴマ、黒大豆(黒豆)、山芋、里芋、うなぎ、鯉、すずき、ホタテ、卵
   などがあります。

慢性腎不全

 西洋の食事療法は、たんぱく質、リンの制限といった方法をとるが、漢方では、たんぱく
 質、ミネラル、摂取カロリーより食物の質を重視する。
 具体的には、腎陰不足、腎陽不足を参考にすること。

 
  犬用サンプル(Four Paws, Five Directions より)
 ・脂肪分を除いた豚ひき肉か鶏胸肉をスープで茹でたもの+固ゆで卵1個:10〜15%
 ・インゲン豆またはレンズ豆:(茹でた状態で)10%
 ・つぶしたバナナ 1/2本
 ・十分に炊いた白米/バスマティ米または玄米、大麦またはキビ・アワ:65%
 ・ヤム芋、サヤインゲン、かぼちゃ、アスパラガス:(蒸したもの)10〜15%
 ・コーンオイル :大さじ1・1/2
 

  猫用サンプル(Four Paws, Five Directions より)
 ・鶏胸肉、砂肝+固ゆで卵2個+少量の肉汁または
   クラムジュース(ハマグリやアサリなどの貝のむき身を絞ったもの):20%
 ・つぶしたインゲン豆:10%
 ・十分に炊いた白米・バスマティ米、とうもろこしの粉、大麦:60%
 ・サヤインゲン、かぼちゃ、アスパラガス、ケール:10%



その2:いわゆる療法食的考え

<慢性腎不全における主要栄養因子>
 注意:慢性腎不全の食事についてまとめたものです。
他の腎疾患の場合は推奨値が異なる箇所がありますので御注意ください。

 以下文中に出てくるDMとは「乾燥重量」につきという意味です。
 乾燥重量とは こちら をご覧ください。(別窓で開きます)

○● ●○
 ・新鮮な水(浄水)がいつも飲めるようにしておく。
  (飲水しても脱水が進行する場合には要輸液)

○●エネルギー ●○
 ・CRF(慢性腎不全)患畜のエネルギー要求量(DER)は正常動物とほぼ同じであると
  考えてよいが、計算式は
   
  DER(エネルギー要求量)=RER(安静時エネルギー)×疾患係数
 
  RER(安静時エネルギー)=70×(体重)0.75
  疾患係数: CRFのわん→1.1〜1.6、 CRFのにゃん→1.1〜1.4


  上記で求められた量を基本にして、最適な体重、コンディションを維持できるように
  調節する。
 
RER(安静時エネルギー)の簡単な求め方
  「体重の0.75剰」って、どないに計算すんねん!!とムッとしたそこのあなた!!
  あなたは、私のお仲間ですネ(*^_^*)
  体重の0.75剰とは数値が違ってきますが、
これは 30×体重(kg)+70 
  という計算式でも求めることができるそうです。よかったよかった。
  
ただし、体重が2〜45kg限定でのお話です。
  
 ・猫の場合70〜80kcal/kg(体重)のエネルギーを主に脂肪、炭水化物で補う。


○●脂質 ●○ 腎疾患とオメガ3(EPAとDHA)はこちら(別窓で開きます)
 
 ・低たんぱく食では、脂質が重要なエネルギー源となる。
 ・CRFに推奨される数値と言うものは特にないが、現データによれば、n-6とn-3の比は
  2.5(n-6):1(n-3)未満が妥当と考えられる。

  わんこの研究では 5(n-6):1(n-3)が効果的とも言われています。

○●たんぱく質 ●○

  CRF(慢性腎不全)では、
  犬:14.5〜15%(DM)のたんぱく質から 11〜12%のカロリーを、 
  猫:28〜30%(DM)のたんぱく質から 19〜21%のカロリーを供給する
     または、3.5〜4g/kg(猫の体重) 以下のたんぱく質量

     粗たんぱく質(g)/代謝カロリー(1000Kcal)の値:正常猫 → 65以上
                                 CRF初期猫 → 55前後
                          CRFが進行するようなら → 45程度


 ・低タンパク食を与える栄養学的な目的は尿毒症の症状を軽減することである。
 ・猫の場合、軽度尿毒症が確認された時点より、たんぱく質摂取制限を開始する。
  たんぱく質制限の意義は
  1)たんぱく異化による窒素代謝産物の生産を抑制し、尿毒症を軽減
  2)糸球体圧を低下し腎不全の進行を予防 
  と考えれているが、猫における最終結論は出ていない。

  ロバでもわかる たんぱく質制限

 脂質や糖質と異なり、たんぱく質が代謝されると老廃物(窒素化合物)が残ります。
 この老廃物は腎臓でろ過され尿中に排泄されるため、腎臓に負担をかけてしまいます。
 そのため、たんぱく質を制限し腎臓の負担を軽くしようというのがたんぱく質制限です。

 実際、わんこの研究では、生後35日齢から通常の食事群(前群)、カルシウム・リン・
 たんぱく質制限をした食事を与えた場合(後群)、後群では腎不全の発症と進行が
 遅延し通常食事グループ(前群)より53%長生きしたそうです。
 にゃんは肉食と言われています故、普段からのたんぱく質制限は?なものの、腎疾患が
 自然発生した猫での研究では、高たんぱく食グループでは血清クレアチニン濃度が
 徐々に増加、たんぱく質制限グループでは徐々に低下という報告があるそうです。
 あくまでも、研究でのお話ですが・・・

 ところで、たんぱく質を低く抑えた食事を作ったことのある方はおわかりだと思いますが、
 低たんぱくメニューは、エネルギー量が低くなりがちです。
 ところが、摂取エネルギーが十分でないと、体内に蓄えられていたたんぱく質を
 エネルギーとして使おうとします。そしてこのエネルギーとして燃やされたたんぱく質の
 燃えカス(窒素化合物)が腎臓に負担をかけることになりますので、結果として何のため
 に、低たんぱく食にしているのかわからなくなってしまいます。
 メニューを作る際には、カロリーにも気を配りましょう。
 たんぱく質以外の栄養素で十分なエネルギー(カロリー)を摂ることで、腎臓の負担を
 軽くする。それでこそ、低たんぱく食が役に立つというワケです。

 「摂取したたんぱく質は、皮膚、筋肉、臓器(の細胞)を作ることに使い、エネルギーは
 糖質や脂質で摂ろう。」というのが、療法食の考え方なのです。

 ただし、一方では、「低タンパク食は害だ」という考え、研究データもあります。そして
 その研究に対する反論も・・・なんだかアラ探しごっこみたいです。
 (不適切発言m(_ _)m)
 (時間ができたら、アップしますが、とりあえず、今は療法食に則った数値のお話です
 ので・・・ただでさえ長いのに、これ以上長くなったら誰も読まんぞ!!)次行こ、次・・・

 ・たんぱく質源を選ぶときは、良質のたんぱく質(アミノ酸スコアの高いもの)を選ぶ。
  また、アミノ酸の中でも、含硫アミノ酸の分解はリン同様腎臓に負担をかけるので、
  含硫アミノ酸値に気をつけること。
 
 アミノ酸について
 低たんぱく、たんぱく質制限、質のいいたんぱく質と「たんぱく質」という言葉だけで、
 もう頭もお腹もいっぱいになってるのは私だけでしょうか・・・(;^^A
 ご存知のように、たんぱく質はアミノ酸の集合体です。アミノ酸の種類たくさんあります。
 良質のたんぱく質=アミノ酸スコアの高いもの → アミノ酸のお勉強も必要です。

 が、ここでアミノ酸云々を始めると、とんでもない量になってしまいますし、只今ロバも
 アップアップ状態・・・もう・・・吐きそう・・・(||| _ _)ノ
 そのうち別ページにまとめたいと思います。いつになるかわかんないけど・・・(;^^A 

○●リンとカルシウム ●○ 

  CRF(慢性腎不全)に推奨されるリン量は、
  犬:0.15〜0.3%(DM)、 猫:0.4〜0.6%(DM)

 ・リンの増加は腎不全を進行させるとともに、カルシウムの低下を招き腎性上皮小体
  機能促進 症を招く。
 ・食事中のリンは主にたんぱく質に含まれるので、たんぱく質の制限がリンの制限に
  つながる。
 ・カルシウムサプリメントを食事に追加する場合、安易にボーンミールを使用することは
  避ける。(ボーンミールにはリンが含まれているから)

 ・リンの過剰同化を抑制するうえで、カルシウム:リンの割合を、あるレベルに維持する。 
  カルシウム1.2〜1.4:リン1。


  犬の栄養:
リン カルシウム、 猫の栄養: リン カルシウム 
     『リンのページ』にも、ちょこっとだけ、「リンと腎臓疾患」について書いてあります。


○●カリウム ●○

 CRF(慢性腎不全)患畜に推奨されるカリウム値
  犬:0.3〜0.5%(DM)
  猫:0.9%(DM)
(血清カリウム濃度を4.0mlEq/l に保つようにする)

 ・腎臓病患畜は、血清カリウム濃度が正常でもカリウムが欠乏していることがある。
  血清カリウム濃度が上昇していない限り、塩化カリウム、塩の代用品などを用いて
  カリウム摂取量を増やすことが望ましい。

 ・CRFの猫は特にカリウムの恒常性(一定に保とうとする事)に異常を起こしやすいと
  思われる。
  また、猫の研究では、高たんぱく、低カリウムの尿酸性食を与えるとカリウム枯渇が
  起こることがわかっている。
  (高たんぱく(40%DM)、低カリウム(0.32%DM)の食餌を2年間続けた結果、
  9頭中3頭にCRF、他の2頭にリンパ球形細胞性間質性腎炎、間質線維症が見られた)

 ・猫のカリウム要求量は食事中のたんぱく質量に比例する。また、尿酸性化食(ストルバ
  イト尿石症などの際に薦められる療法食)と代謝性アシドーシス(体液が過度に酸化
  した状態)からも低カリウム血症はおこる。


○●ナトリウムとクロール ●○

 CRF(慢性腎不全)患畜に推奨されるナトリウム値
  犬:0.1〜0.25%(DM)
  猫:0.2〜0.35%(DM)


 ・CRF患畜は著しく高い/低いナトリウム摂取に耐えられず、
   ナトリウム摂取過多→高血圧、
   ナトリウム摂取不足→細胞外液量・血漿量・GFR(糸球体ろ過量・率)が減少 
  などのトラブルを招く

 ・高血圧のわんにゃんにはナトリウム制限が必須。 
  また、CRFで高血圧を示す患畜は食事中のナトリウムとクロールの両方に気をつける
  必要がある。(一般的な市販フードには、「味がよくなる、保存料としての働く」などの
  理由で、多量のナトリウムが入っていることがあるので要注意。)

 ・CRF(慢性腎不全)患畜のクロール必要量は確立されていないが、犬猫とも、少なくとも
  ナトリウム要求量の1.5倍が推奨されている。

  クロールとは? こちら (別窓で開きます)
    食事中のクロール値だけを計算するのは、ロバには至難の業です。
    どなたか簡単にラクして割り出す方法ご存知ぢゃないでしょうか。。。m(_ _)m

○●アルギニン ●○
 ・アルギニンは一酸化窒素(血管弛緩因子)の前駆物質である。
  つまり アルギニンを摂取する → 一酸化窒素の量が増加して血管が緩み(拡張する)
  血液の流れがよくなる → 血管にかかる圧力が低下 → 血圧の上昇を抑える・血圧が
  下がる。
  と言われている。
  ゆえに、高血圧を羅患しているCRF患畜の場合、アルギニン摂取量の考慮も有効で
  あると思われる。
 ・アルギニンにはまた、アンモニアを解毒する作用もある。

 ・CRF(慢性腎不全)患畜に対するアルギニン推奨量はまだ確定されていない。

○●ビタミンB群 ●○
 ・CRF(腎不全)では、食欲減退、嘔吐、下痢、多尿などの症状により、ビタミンBが欠乏
  しがちになる。(人間の腎不全患者は特にピリドキシン(ビタミンB6)と葉酸の欠乏に
  陥りやすい) また、チアミン(ビタミンB1)とナイアシン(ビタミンB3)の欠乏から食欲不
  振になる可能性もある。


○●ビタミンD ●○ 
 ・高カルシウム血症を引き起こす可能性があるので、高リン血症の素因を持つわん
  にゃんに対しては、特に過剰摂取は控える。
 

○●微量ミネラル●○
 ・たんぱく質と強く結合している銅や亜鉛などは、蛋白尿が著しい場合、それに伴って
  喪失される。
 ・カルシウム:リン比だけでなく、各ミネラルのバランスにも気をつけるようにする。

○●食物繊維 ●○

 ・(人間の場合だが)慢性腎不全において血中尿素を減少させたという報告がある。
  (結腸内悪玉菌によって腸内でアンモニアが産生されるのを抑制するから)
 ・特に可溶性繊維は結腸内容物を酸性化する。酸性の環境下ではアンモニアはアンモニ
  ウムに変換され、(拡散性が低下して結腸内に残存するようになり、吸収されずに排泄
  され)腎臓の負担を軽くする。
 ・犬の場合、中程度の発酵性繊維(ペクチン、ヘミセルロースなど)を適量与えることは、
  (高)窒素血症のコントロールに有効。
 ・あくまでも適量摂取が効果的。




その3:人間の食品交換表を使用した食事療法 (犬の診療最前線・他より)
 
<方法>

 ・食塩の制限(急性腎不全、ネフローゼ症候群)または部分制限(慢性腎不全I期、II期
  の初期)
 ・たんぱく質の増量(ネフローゼ症候群)、制限(慢性腎不全)
 ・水分の制限(急性腎不全)、無制限(慢性腎不全I期、II期)

 
<指針>

 ・BUNが60mg/dl 以下 → たんぱく摂取量 2.0〜2.2g/kg(体重)/日
  BUN 60mg/dl 以上 → たんぱく摂取量 1.2g/kg(体重)/日 とする。

 ・総カロリー量は80Kcal/kg(体重)/日を基本とし、運動量、体重の増減で調節する


<栄養計算>

 人間用の食品交換表を使用し、たんぱく質3gを含有する食品を1単位とする。

  1)たんぱく質を含む食品

   ・ご飯・パン・穀類(1単位でたんぱく質3g、平均エネルギー150kcal): 
    ごはん120g(小茶碗1杯分)、おかゆ210g(茶碗1.5杯分)、食パン40g(8枚切1枚)、
     ゆでうどん120g(0.5玉弱)など

   ・卵、肉、魚、乳製品(1単位でたんぱく質3g、平均エネルギー30kcal):

    鶏卵卵白30g(小1個分)、牛ひき肉または牛レバー15g、豚ひき肉または豚レバー15g、カツオ10g
     
生アジ15g(中1尾100g)、サンマ、サケ、サバ15g、本マグロ赤身10g、脂身15g、むきあさり10個
     (40g)帆立貝20g、牛乳100g、プロセスチーズ15gなど


   ・野菜、果物、イモ類(1単位でたんぱく質3g、平均エネルギー150kcal):
    バナナ270g(中1本130g)、栗(ゆで)90g、キャベツ(生)210g、ゆでキャベツ250gなど

   ・調味加工品、缶詰

  2)たんぱく質を含まない食品(カロリー不足を補う)

   ・砂糖、ジャム類(カッコ内のg数は100kcal相当量)

    はちみつ30g

   ・油脂および澱粉(カッコ内のg数は100kcal相当量)
    植物油10g(大さじ1)、バター・マーガリン15g(大さじ1強)、コーンスターチ30g

   ・きのこ、海草、こんにゃく類(0カロリー、リン、カルシウムなどのミネラルとビタミン
    補給)

    しいたけ、なめこ、あさくさのり、あおのり、ひじき、しらたき、こんにゃく 


<計算方法>

 たんぱく質の単位を算出し、足りないカロリーをたんぱく質を含まないグループ(砂糖、
 ジャム、油脂、澱粉類)で補う。

 例:体重10kg、たんぱく質1.2g/kg(体重)/日(=BUN60mg/dl)の場合

  体重からみた必要カロリーは800kcal(10kg×80kcal=800kcal)
  たんぱく質量 12g=4単位
          (10kg×1.2g=12g、たんぱく質3gで1単位だから12÷3で4単位)
  
  4単位の献立は・・・
  ご飯120g(150kcal)、牛ひき肉15g(30kcal)、キャベツゆで中葉4枚(50kcal)、
  むきアサリ10個(30kcal):これらは、各1単位だから合計で4単位確保

  上記の合計カロリー量は260kcal
  800kcal(必要カロリー)−260kcal=540kcal ←この不足分を補充する。

  不足分540kcalを、をたんぱく質を含まないグループから摂取するということは・・・ 
  はちみつ60g(200kcal)、コーンスターチ45g(150kcal)、バター30g(200kcal)
   =550kcal

  さらに、しいたけを適当量加え、リゾット、チャーハンを作る。


  食品交換表を使った経験がないまま、方法だけをパクリ書きしてみました。
 食品成分表をマイベストセラーと思っているロバ的には、数値に???な部分がありま
 すが、食品交換表とはそういうものなのでしょうか・・・
 それとですねぇ・・・総カロリー量 80×体重(kg)っという求め方は、大型犬ではカロリー
 量がすごく多くなるみたいです。あくまでも無責任で( ̄∇ ̄)ゞゴメリンコ〜♪



<その他の注意点>

 ・常に水(浄水)が飲めるようにしておく
 ・ストレスをかけない
 ・十分なカロリー摂取
 ・食事回数はなるべく多くする
 ・定期的に血液検査を行う





 以上です。お疲れさまでした。




わんにゃんごはん表紙へ

うさぎうまの部屋表紙へ

ホリスティックメニューへ