腎臓のトラブル
     

腎臓のトラブル

 ・ホメオパシー、ティシューソルトは、ホメオパシーのリストをご覧ください。



マークが入っている箇所は わん がメインの内容
マークが入っている箇所は にゃん がメインの内容 です。

     


 ビタミン・ミネラル・サプリメントなど



Anitra 大おば様の腎臓ケアー

 セットで紹介されていましたので、ハーブ、FE類もこちらにいれておきます。
    また以下のサプリ類は、「手作り食を与えている」上でのアドバイスで、市販フードを
    与えている場合、過剰となる栄養素が出てくる可能性もあります。

毎食事に以下のものを加える>
(食事に入れると嗜好性が下がる場合にはスポイトなどで別に与える)

 ・
ミックスミネラルパウダー(作り方 下記参照) 小さじ1/8
 ・
ビタミンC(ウィルスが腎臓に侵入するのを防ぎ、侵入しても回復を早める) 250mg 
 ・
ビタミンB(腎臓の働きに関与) 10mg
 ・
消化酵素 小さじ1/4 または 1/2錠
 ・(他、ミネラル補給として)
昆布出汁(作り方 下記参照)、
   または
スギナの抽出液(作り方 下記参照)小さじ1〜2

  
上記スギナ抽出液の作り方
  小さじ1のドライハーブ または小さじ3の生ハーブに、熱いお湯1カップ(≒240cc)を
  注ぎ、蓋をして10〜30分置く。濾した後冷蔵庫で保存(
3日以内に使い切る 

週に1度 以下のものを与える>
 ・
ビタミンE(α-トコフェロール) 400IU
 ・
ビタミンA 10,000IU + ビタミンD 400IU


大おば様特製 ビタ・ミネラルミックスの作り方

 ホリスティック界(猫)の大御所 Anitora Frazier 大おばさまが
 20年以上前に考案なさったサプリメントです。

 レセピは・・・(1カップ=およそ240cc)

 酵母(Bイースト、トルラ酵母、ニュートリショナルイーストなど
     食用ならなんでもよい) 1.5 カップ
 ケルプパウダー または トレースミネラルパウダーミックス    1/4 カップ
 顆粒レシチン  1 カップ
 小麦ふすま  2 カップ
 カルシウム(ボーンミール、乳酸カルシウム、グルコン酸カルシウムなど) 2 カップ

 材料をすべて混ぜて、蓋付容器に入れ、冷蔵庫で保存。
 猫の食時毎に小さじ1のビタ・ミネラルミックスを加える。(小さじ2/日)




大おば様特製 昆布出汁の作り方

 大おばさま曰く「昆布はミネラル分が豊富でかつ、ナトリウム分が少ないアルカリ
 食品で糖尿病、関節炎、腎臓疾患に最適な食材である。」だそうで、
 以下おばさまの昆布出汁レセピです。

 1)乾燥昆布 2.5〜3cm角を細かく刻む(砕くのも可)。
 2)鍋に1カップ(≒240cc)の水と、1)の昆布を入れ30分置く。
 3)蓋をして弱火で30分ことこと煮て(空焚き注意)冷めたら冷蔵庫で保存
 4)傷みやすいので、
2日で使い切るようにする
   出汁だけでなく、煮出し後の昆布も与えてよい。



<その他>
 ・むくみがある場合、
パセリ(濃いお茶にしたもの)を食前に与える。(小さじ1/回 
  4回/日)

<フラワーエッセンス>
 
ホーンビーム(Hornbeam):エネルギーの消耗に
 
アスペン(Aspen): 漠然とした恐怖心を遠ざける
 
クラブアップル(Crab apple): 体内の解毒をサポート


 
ピトケアン先生の腎臓ケア
Natural Health for Dogs & Cats 他より

・水溶性ビタミン(特にBC)は体内から失われがちになるので、努めて補うようにする。
 また腎臓によい
ビタミンAも十分に与える。

  
と言っても、ビタミンAはご存知のように脂溶性ビタミンですので、過剰にならない
    ように気をつけましょう。ちなみにピトケアン先生の腎臓用レセピのビタミンA量は
     猫→1000 IU/日、中型犬(体重およそ18kg)→5000 IU/日 となってました。
    (補足です。ピトケアン先生本
     Complete Guide to NATURAL HEALTH FOR DOGS & CATS 2005年改訂版
     では、わんこの5000 IU/日の記述はカットされていました。)


・食欲がなく、食事を残すような場合には、以下のビタミン類は(強制的に)摂取させる。

   ・
ビタミンB: 腎臓の働きに関与
     猫: 5〜10mg/日
     小型犬: 10mg/日
     中型犬: 20mg/日
     大型犬: 30mg/日

   ・
ビタミンC: ウィルスが腎臓に侵入するのを防ぎ、侵入しても回復を早める。 
     猫: 250mg/回 を1日2回
     小型犬: 250mg/日
     中型犬: 1000mg/日
     大型犬: 2000mg/日

カルシウムサプリメントは、乳酸カルシウム、グルコン酸・カルシウム、キレート加工した
 カルシウムのような吸収の良いものを選ぶ。

・猫の場合、(尿結石・膀胱炎の予防などに用いられる)尿を酸性化させる市販フードは
 避ける。(尿酸性化剤が体を酸性にしすぎて腎臓の機能を低下させる) 

     

腎疾患とオメガ3(EPA、DHA)
Natural Health Bible for Dogs & Cats 他 より

 <EPAとDHA(オメガ3)が腎臓疾患によい理由

 ・(抗炎症性の)有益なプロスタグランジン(=PG:腎臓の炎症を軽減。血管拡張作用に
  より腎臓への血流を改善するなどの働きをもつ)を増加させる。

 ・血中コレステロールや中性脂肪を下げる働きが、腎臓疾患が原因でコレステロールや
  中性脂肪が高くなった場合に有効)

 ・腎臓疾患を含む多くの疾患は、(炎症を引き起こす悪性)エイコサノイドの過剰生産が
  一因である。
  脂肪酸摂取で、エイコサノイドの生成を調整する→腎臓疾患に有効であると
  考えられる。

 ・その他、オメガ3の腎疾患への有用性の研究は現在進行形である。またこれらは、
  あくまでも補助療法であり、根本治療とはならない。
 
 <使用量

 腎疾患におけるEPA、DHA(オメガ3)投与量の研究によると、ラベル通りの投与量では
 効果がなく、(ラベル量の)2〜10倍は必要であると言われている。

 現段階での推奨初期投与量: 
 500〜1000mg/100kcal(食物エネルギー)/日
  実際にこれだけの量を摂取するのは、不可能にちかいが、できるだけ推奨量に
  近い量を与えるように努力する。

 ただしこれらの数値を確定するには更なる研究が必要である。

 
うさぎうまの余計なお世話
  
上記量はあくまでも、獣医師が処方する際の投与量ということで、「食事中の栄養の
  一部」と言う考え方とは異なるようです。上記量を与える場合には、専門家の指示を
  仰いだほうがよろしいかと思います。
  ちなみに、Natural Health Bible for Dogs & Cats の著者、Shawn 先生が実際に
  処方される場合は、ラベルの2〜4倍量から始め、反応を見ながら量を調節なさる
  そうです。

  素人まかない しか存在しない我が家では、「食事の一部→バランス」ということで、
  上記の投与量云々ではなく、(現段階での)CRF患者に妥当といわれる、
  n-6とn-3の比→2.5:1未満を参考にしています。


 注意点

 ・通常量を摂る場合にはほとんどの場合、問題はないが、ワルファリンやヘパリンとの
  併用は禁忌。(専門家の指示に従うこと)
 ・ギンコ(銀杏:血小板活性因子の阻害物質として有名なハーブ)と併用しつつ
  4000mg/日のフィッシュオイルを摂取した人間に深刻な出血性の問題が起きた。
 ・フィッシュオイルの過剰摂取は内出血の危険がある。
                (Schoen 先生談 ”Love, Miracles, and Animal Healing”)

 <フラックスオイルとフィッシュオイル

 フラックスシードオイル(亜麻仁油)は、αリノレン酸(これもオメガ3脂肪酸でEPA、
 DHAを合成する)を豊富に含んでいるが、(犬も含むと思われる)多くの動物、一部の
 人間は、αリノレン酸を代謝することができない(=他の、より有効なオメガ3脂肪酸を
 合成することができない)と言われるところから、フィッシュオイルの代用としてフラックス
 シードオイルを使用することを疑問視する声もある。

 ただし、フラックスシードオイルは、αリノレン酸の供給源であり、皮膚・被毛のコンディ
 ショナーとしての効果は多いに期待できる。
 またリグナン(植物特有の成分で、癌予防成分としての研究対象)も含んでいる。





腎陰のくずれに
Four Paws, Five Directions より

 ビタミンC(アスコルビン酸ナトリウム)
  猫・小型犬: 125mg 2回/日
  中型〜大型犬: 500mg 2回/日
  (下痢する手前が限界係数となる。)
 
 
 注意:胃に潰瘍形成がみられたり、嘔吐傾向がある場合は耐容不能の可能性がある。

  
腎臓疾患の場合はアスコルビン酸ナトリウムは使用しないほうが良い。とする
     本も何冊がありました。


 
ビタミンB群
  わんにゃんの大きさに合わせて 30〜50mg

 
ビタミンE
  猫・小型犬: 50 IU 1日おきに
  中型〜大型犬: 100〜400 IU/日

 
(パパイア)消化酵素 : 消化を助ける
  人間量の1/3〜1/2

 
微量元素(トレースミネラル) : ケルプや他の海草の粉末
  猫・小型犬 : 小さじ1/8
  中型〜大型犬 : 小さじ1/2

 (低温圧縮)
コーンオイル
  猫・小型犬 : 小さじ 2〜3/日
  中型犬 : 大さじ 2/日
  大型犬 : 大さじ 3/日

 
カリウム補給剤(塩化カリウムなど)
  筋スパズム(筋攣縮【きんれんしゅく】≒けいれん)がみられる場合に
   猫・小型犬 : 小さじ1/6/日
   中型犬 : 小さじ1/8/日
   大型犬 : 小さじ1/4/日

腎陽のくずれに
Four Paws, Five Directions より

 上記腎陰のくずれを参照
  ただし、ビタミンCとBは体を冷やす作用と緩下作用(【かんげさよう】お腹がゆるくなる
  こと)があるので用量は低くおさえる。


慢性腎不全に
Four Paws, Five Directions 他 より

 CoQ10 : 抗酸化作用があり、エネルギー生産、呼吸の改善、血圧を下げる、解毒 など
        をサポートする。
  猫・小型犬 : 10mg
  大型犬 : 50mg

  
 (タラの)肝油 : ビタミンAとD(骨再形成に必要)の補給に
  注意:血圧を上げる可能性があるのでビタミンEとともに摂取
 

 
     


 ハーブ

 お・ね・が・い
 下記ハーブの安全性は、おおざっばにしか調べておりません。
 中には(内服の場合ですが)妊娠中や疾患により禁忌なものや、にゃんには危険なハーブも
 あるかもしれませんので、使用する場合は、各自チェックお願いします。


  内服・コンビネーション

ティルフォード先生の腎疾患初期用フォーミュラ
Herbs for Pets より

ハーブの種類 ホーソン(hawthorn):血圧をあげることなく腎臓の血液循環を
改善。
ギンコ(ginkgo):腎臓の血管を広げ、弾力性をあげて、血圧を
下げるのを助ける。
エキナセア(echinacea):少量のエキナセアは細菌、(真)菌類を
抑制。
マシュマロウ(marshmallow):腎臓・尿路系の細胞組織の炎症を
緩和
タンポポの葉(dandelion leaf):穏やかな利尿効果
作り方 低アルコールのティクチャーまたはお茶を
ホーソン1:ギンコ1:エキナセア1:マシュマロウ1:タンポポの葉1
の割合で混ぜる。
用量・回数 <お茶(冷ましたもの)>
犬:体重20lbs(およそ9kg)につき 小さじ1/回、2回/日
猫: 小さじ1/2(/回)、2回/日

<ティンクチャー(低アルコールのもの)>
犬:体重20lbs(およそ9kg)につき 1ml/回、2回/日
猫:1ml/回、2回/日
備考 食間に与えるのが望ましい。
できるだけたくさん水を飲ませる。


このフォーミュラのセオリー
ティルフォード先生は、腎臓は循環器系(脈管系)に深く関与する
臓器であり、もしも腎臓への血流が細胞組織の損傷や炎症により
ブロックされると、腎臓は酸素不足で死んでしまう。故に腎臓の
ケアには、循環器系を活気づけるハーブも加えるべきだという
お考えからこのフォーミュラを考案したそうです。
(簡単に言うと、「腎臓にがんばってもらうために、腎臓を流れる
血液量を増やしましょう。そのために、心臓(循環器系)に良い
ハーブも一緒に与えましょう。」と言うことです。

エキナセアについて
 免疫異常の疾患(猫エイズ、免疫介在性溶血性貧血など)をもつ動物にはエキナセア
 などの免疫力を押し上げるハーブを与えるのは、危険とおっしゃる先生もいらっしゃい
 ます。

   
ギンコ使用時の注意
 ・基本的に安全なハーブではあるが、妊娠授乳中は避ける(Herbs for Petsより)
 ・血小板凝集抑制作用があるので、抗凝固剤(血栓防止薬)を服用している場合、
  血液凝固になんらかのトラブルを持つわんにゃんには禁忌(  〃  )
 ・過剰摂取で情動不安、下痢、吐き気などが見られる場合がある。(  〃  )

 また、どのハーブでもアルコールチンキの場合は、お湯でアルコールを飛ばしてから
 冷ましたものを与えるほうがよろしいかと思います。

 他

 スギナ(horsetail)+イエローデットネトル(yellow deadnettle)のお茶:慢性腎疾患に

 スギナ(horsetail)+マリーゴールド(marigold)+イラクサ(stinging nettle)+クリーヴァー
  (cleavers)
:細菌、ウィルス、中毒などによる急性腎疾患に

 ゴールデンロッド(golden rod)+スギナ(horsetail)+イエローデットネトル(yellow
  deadnettle)
+セントジョーンズワート(St. John's wort):事故、ショックによる腎疾患に


  内服・シングルハーブ


カモミール:腎陰のくずれに
Four Paws, Five Directions より

ハーブの種類 カモミール(chamomile):胃の熱をとり鎮める。食べたものや胆汁
を吐くなどの胃と腎臓に関係したケースに有効
作り方 1カップ(≒240cc)の熱いお湯に 小さじ1/2〜1カモミールの花
を入れ30分置いて濃いお茶を作る。
用量・回数 猫・小型犬:10滴 1〜2回/日
中型犬:20滴 1〜2回/日
大型犬:30滴 2回/日


アルファルファ:腎陰のくずれに
Four Paws, Five Directions より
ハーブの種類 アルファルファ(Alfalfa):血液、陰、気に元気を与える。
乾燥した肌、一般的な乾燥、胃酸過多、初期の(胃)潰瘍にも
作り方 パウダー状のハーブを食事に混ぜて与える。
用量・回数 猫・小型犬:小さじ1/4 1〜2回/日
中型犬:小さじ1/2 1〜2回/日
大型犬:小さじ2/3〜3/4 1〜2回/日

(同じく)アルファルファ
Natural Health for Dogs & Cats より

ハーブの種類 アルファルファ(Alfalfa)
作り方 ティンクチャーを食事に混ぜる
用量・回数 猫・小型犬(体重9kg以下): 1〜2滴/回 3回/日
中型犬(体重9〜18kg): 2〜4滴/回 3回/日
大型犬(体重18kg以上): 4〜6滴/回  3回/日
備考 改善が見られるまで続け、その後減らしていく。
                         (例:3回/日→1回/日)

錠剤の場合: わんにゃんの大きさに合わせて1〜4錠/日
          を砕いて食事に混ぜる。


ワイルドキャロット:腎陽のくずれに
Four Paws, Five Directions より

ハーブの種類 ワイルドキャロット(ノラニンジン Wild carrot):
泌尿器のトラブルには頭部、花、上部を使用。
尿の流れをよくし、腎臓からの不溶物の排泄を促進。
作り方 1oz(≒30cc)の水にティンクチャー5〜10滴
用量・回数 (上記の水で薄めたものを)
猫・小型犬: 1スポイト分 1〜2回/日
中型犬: 2スポイト分 1〜2回/日
大型犬: 3スポイト分  1〜2回/日
備考 妊娠中は禁忌


マシュマロウ
Natural Health for Dogs & Cats より

ハーブの種類 マシュマロウ(Marshmallow) の煎液または抽出液
作り方 <煎液>
大さじ2杯のマシュマロウに1カップ(≒240cc)のお湯を入れ
そのまま5分置く。

<抽出液>
マシュマロウルート小さじ1に1カップ(≒240cc)の熱いお湯を
入れ20〜30分置く。
用量・回数 上記の煎液(または抽出液)を
猫・小型犬(体重9kg以下): 小さじ1/2 2回/日
中型犬(体重9〜18kg): 小さじ1  2回/日
大型犬(体重18kg以上) :大さじ1 2回/日


パセリ:体内浄化作用とおだやかな利尿作用
The Complete Herbal Handbook for the Dog and Cat 他より
ハーブの種類 パセリ(Parsley)の葉
作り方 <みじん切り>
新鮮な生のパセリのみじん切り

<ジュース>
パセリの葉をみじん切りにするかフードプロセッサーなどでぐちゃ
ぐちゃにしたものに少量の水を入れて深緑色のジュースを作る。

<パセリの冷茶>
お湯1カップ(≒240cc)を新鮮な生パセリ大さじ1に入れ、20分
置く。
用量・回数 <みじん切り>
猫:小さじ1/日

<ジュース>
体重20lbs(≒9kg)につき小さじ1

<パセリの冷茶>
小さじ1〜大さじ2を 3回/日
備考 ・胃袋が空っぽのときに摂取するのがベスト、次にオススメの方法
 は飲み水に入れておく。
 この二つが無理な場合は、食事に混ぜる。

パセリ使用時の注意点
・妊娠中は×、授乳中も控えめに(Herbs for Petsより)
・腎臓に炎症がある場合は×(  〃  )
・パセリシード(種子)は×、特に猫には××。また多量摂取で肝臓にダメージを与えること
 がある。葉・茎・根だけを使用する。(  〃  )


大麦:血液浄化
The Complete Herbal Handbook for the Dog and Cat 他より

ハーブの種類 大麦 (全粒=精白されていないものを使用)で薄いお粥、または
大麦水を作る。
作り方 <大麦の薄いお粥>
大麦で薄いお粥を作り、はちみつを少々加える

<大麦水>
大麦1カップに熱湯3カップ(およそ750cc)を注ぎ蓋をして一晩
おく。
翌朝、モスリンや綿布で濾した液汁に蜂蜜と100%純粋なレモン汁
各小さじ2を加える。
用量・回数 <薄いお粥>
猫: 1スポイト/回 を食前に与える

<大麦水>
1/4〜2カップ/回 2回/日

The Cat Herbal には猫の用量(大麦水)として、
   4スポイト分/日 を食前に という用量もありました。




 イチョウ(ギンコ、ginkgo): 腎臓の血液循環を良くする 
 ホーソン(hawthorn)
:      〃

 シバムギ(カウチ・グラス、couch grass):腎臓や他の尿路の細胞組織の炎症を緩和する
 マシュマロウ(marshmallow)
:                   〃
 コーンシルク(corn silk)
:                      〃

 ネトル(nettle):穏やかな利尿効果がある
 タンポポ(dandelion)
:     〃
 アルファルファ(alfalfa):    〃
 アメリカアキノキリンソウ(ゴールデンロッド goldenrod):   〃
 生のパセリ汁(parsley)
:    〃
 
 オレゴングレープ(Oregon grape):刺激性の少ない抗菌剤、感染症がある場合に
 ゴールデンシール(goldenseal)
:             〃

 クリーヴァー(cleavers):腎臓の解毒・洗浄効果
 コーンシルク(cornsilk):       〃

  棒灸(『もぐさ』も一応ハーブかな・・・(;^^A)
 腎陽の崩れには、もぐさを使ったお灸も有効だそうです。(Four Paws Five Directions 他
 より)我が家でも時々棒灸するんですが、わんにゃんとも好きな子が多いですよ〜♪
 棒灸サポート用の木枠ヘルパーを使うと、毛を燃やしたり火傷させることなく、気軽に使用
 できます。
 毎日でもしてあげたいんですが、あの部屋中にたちこめる独特のにおいが・・・
 しかもそのにおい、なかなか消えない・・・(_ _ ;)))))))
 でも、オススメです。興味のある方、是非お試しください。

 我が家の購入先(棒灸、木枠ヘルパーとも)は
こちらです。(別窓で開きます)
 
避けたほうが良いハーブ(Herbs for Pets より)
以下のハーブは特に腎臓に炎症がある場合は避けたほうがよい

ジュニパー(juniper)、ヤロー(yarrow)、ミント類:精油が多量に含まれている

ウバウルシ(uva ursi)、ホワイトオークの樹皮(white oak bark)、ブラックウォールナッツ
(黒くるみ black walnut hulls)の外皮
:タンニンが多量に含まれている
   

     


 フラワーエッセンス

 クラブアップル(Crab apple): 体内の解毒をサポート

 レスキューリメディ(Rescue Remedy) :最初から最後まで必要に応じて与える。 
 ミムラス(Mimulus) :恐れに
 スターオブベツレヘム(Star of Bethlehem) :ショックに
 ホーンビーム(Hornbeam) :疲労に、精神的な強さが必要なときに 
 ゴース(Gorse) :絶望感から救う
 オリーブ(Olive) :疲れきった、不健康な、心に傷を負った動物に
 サルビア(Salvia・Sage): 
ストレスにさらされている時の安定性に

     


 ジェムストーン


 シトリン、黄水晶(Citrine) 
:動物の寝床、首輪、トイレなどに入れておくなどして使用。
                   できれば天然のものを。

  
>できれば天然のものを
    「紫水晶を加熱処理した人工の黄水晶ではないもの」という意味だと思います。


 シトリン以外の黄色い石【アンバーカルサイト(Amber Calcite)、琥珀(Amber)、
 イエローベリル(Yellow Beryl)など】 
:膀胱・腎臓を癒す。
 翡翠(Jade)
:伝統的に使われ、膀胱・腎臓を癒すといわれている


 以上です。お疲れさまでした。




わんにゃんごはん表紙へ

うさぎうまの部屋表紙へ

ホリスティックメニューへ