バッチフラワーエッセンス
スクレランサス(Scleranthus)(和名:スクレランサス)


スクレランサスの動物の特徴は・・・

・優柔不断
・気分屋



こんなケースに・・・

・病気療養中(レスキューリメディと併用)

・動きが鈍いと責められる。

・心を平静に保つ事が困難である。

・飼い主が死んで戸惑っている。

・シーズン中、想像妊娠中、性格や行動が変わる犬。

・ある種の発作がおこるといったような、神経性の混乱がある。

・脳梗塞が起こった、部分的に麻痺がある。

・車酔い(レスキューリメディと併用)

・ホルモンの変化により、行動障害(気分がコロコロ変わるなど)、肉体的障害(乗り物酔い
 など)が起こっている。

・気まぐれな気質を持つ犬
  例: ・子供と遊んでいたかと思えば次の瞬間パクリと噛みつく。 
     ・外に出たいとせがみ、外に出すとすぐ家に入りたがる。

・精神運動発作(てんかんのように、運動障害と精神障害が発作性に出現)を起こし、
 身体の平衡性を正しく調整(=リバランス)する必要がある。

・内耳疾患、めまい、平衡感覚障害がある。

・糖尿病でインスリン治療を行っている犬。

・はっきりしない疾患や、変化の激しい症状が見られる。
  例:便秘と下痢、食欲不振と猛烈な食欲、体温の変動、悪化と快方、回復と再発 などを
     繰り返す。

・「瀕死の状態」と「元気そのもの」という状態、症状、様子を見せる動物に。
 (ウォールナットとの併用)

・重症の動物、末期の動物の世話をしていて、感情の起伏が激しくなっている飼い主に。

・安楽死を考えなければならない状態で悩んでいる飼い主に。



他のキーワード

 気まぐれ、糖尿病







わんにゃんごはん表紙へ

うさぎうまの部屋表紙へ

ホリスティックメニューへ