バッチフラワーエッセンス
ミムラス(Mimulus)(和名:みずほおずき)


ミムラスタイプの動物の特徴は・・・

・こわがりで神経質
・きっかけ次第で、恐怖とは無縁のものでもこわがる。



こんなケースに・・・

・長いこと、ある対象に おそれ を抱いている(例:虐待、飢え、見知らぬ人、
 人間(特に子供)、雷、冷たさ、暗がり、閉じ込められること、水、傷み、電話、交通、階段、
 橋、お風呂、車、飛行機、旗、ラジオ、他の動物、放置、花火、暖炉の薪がはじける音、
 掃除機の音、獣医、男性、白衣(白いコート)を着た人、グルーミング、爪きり、など)

・容易に他の動物から支配されるが、喧嘩になることはなく、自分のテリトリーを
 主張する事を当然だとは思っていない。

・治療に反応しない病気を患っている。

・心臓疾患を持つ動物。

・回復が困難な病気を持つ植物。

・神経過敏に陥っている(インパチエンスと併用)

・おそれ が大きくなり、恐怖に変わった場合
 ロックローズレスキューリメディを与える。



その他のキーワード

 臆病、小心、内気



ミムラスタイプ と ラーチタイプの違い

 ラーチタイプの恐れはこれといって具体的な不安材料がなく、自信がないために
 びくびくしている。
 ミムラスタイプの恐れは対象がはっきりしており、その対象以外では自分の能力に
 自信がある。
 この2種のリメディを一緒に使うことも少なくない。







わんにゃんごはん表紙へ

うさぎうまの部屋表紙へ

ホリスティックメニューへ