バッチフラワーエッセンス
フラワーエッセンスの作り方


その1

用意するもの
30ml容量のボトル(トリートメントボトル)、 ミネラルウォーター、 フラワーエッセンス

作り方 
1.トリートメントボトルに、選んだフラワーエッセンスを各種2滴ずつ入れる。
  レスキューリメディを入れる場合は、2滴ではなく4滴入れる。
2.リメディは、1回6〜7種類まで合わせてもよい。レスキューリメディは1種類と考える。



その2

用意するもの

およそ30〜60cc容量の消毒した茶色のビン・スポイトつき(トリートメントボトル)、
ホワイトビネガーまたはグリセリン、 浄水、


作り方
 

1.トリートメントボトルの3/4まで浄水を入れる。
2.1のボトルに選んだフラワーエッセンスを各種2〜4滴ずつ入れる。
3.スポイト1/4量のホワイトビネガー(またはグリセリン)を入れる。
4・トリートメントボトルがいっぱいになるまで浄水を入れる。
5.乾燥した涼しい場所に保管する。






フラワーエッセンスの与え方


用量

1日4回以上、1回4滴ずつ、間隔をあけて飲ませる。
用量は、体の大きさには関係ない。



方法1: 水とまぜて、ティースプーンで口に入れる。
方法2: 4滴をそのまま、口に入れる。
方法3: 飲み水に入れる。
方法4: 食事、おやつにまぜて与える。
方法5: 唇、鼻など、自分でよく舐める箇所に塗る。
      肉球や耳などに塗れば、自分で舐める他、皮膚からの吸収も期待できる。



 日本向けのワインビネガーを保存料としたもの意外は、27%のブランデーが
 保存料として含まれています。
 ブランデー保存のリメディを使う場合は、熱湯でアルコール分を抜いてから
 与えましょう。
 
 一度作ったオリジナルエッセンスの消費期限はブランデーもので
 3週間だそうです。
 作りなおす際に、選択するエッセンスを考えなおすのもいいでしょうね。







わんにゃんごはん表紙へ

うさぎうまの部屋表紙へ

ホリスティックメニューへ